普通の汗に【デトックス効果】はない!?毒素を出すには○○が必要だった!

汗をかくと「デトックス効果がある」という話をよく聞きますよね。

でも、普通の汗には「毒素」や「老廃物」といった、体に不必要な成分は本当に含まれているのでしょうか?

本当の意味で「デトックス効果」をもたらすためには、実はあることが必要なのです。

汗で毒素や老廃物を出して、体やお肌を整えるために必要なことをご紹介します。

 

普通の汗に【デトックス効果】はない!?

汗 Sweat 対策 Measures

「サウナに入ってデトックスしよう!」

「汗をかいてデトックスしよう」

という言葉を、よく耳にするかと思います。

 

でも・・・

私たち人の体は、普通の汗をかくだけでは「デトックス」できないようになっているんです。

普通の汗に含まれる成分の99%は「水分」であり、残りは「塩分」などの微量な成分が含まれています。

そのため、汗の中には「毒素」や「老廃物」は含まれていないのです。(→汗の成分とは?普通の汗に毒素や老廃物が入ると、ベタベタで臭くなる?)

 

ということは・・・

サウナなどで汗をかくことも、「デトックス」にはつながらないのです。

サウナなどで急激に汗が出るのは「体の温度を調節する」といった、汗本来の役割を果たすためです。

効率的に体の温度を下げるためには「水分」の多い、サラサラとした汗をかくことが大切。

老廃物や毒素が汗に含まれていないのは、汗本来の役割を果たすためでもあるのです。

 

しかも、普通の汗をダラダラとかき続けると、逆に体の水分が不足させてしまう可能性があります。

そうなると体は脱水症状を起こし、血液やリンパの流れが阻害され、デトックス効果とは逆効果になってしまうのです。

汗腺を使うためにも「適度」に汗をかくことは大切ですが、「いい汗」をかいて水分補給を適度に行うことが必要です。

 

 

デトックスとは?

汗 Sweat 対策 Measures

デトックスとは本来「体の毒素を抜く」という意味があり、体内浄化のことを言います。

現代社会では、生活や食の変化によって毒素がたまりやすい環境にあります。

例えば、水銀や鉛、カドミウムなどの「有害ミネラル」は、汚染された待機や水道水、調理器具などにも含まれているそうです。

水道水や調理器具など、どうしても私たちの生活から切っても切れないものが「毒素」と関係しています。

 

そのため、嫌でも「毒素」は体の中に蓄積していきます。

100%毒素が体内に入ることを防ぐのは難しいです。

だからこそ、普段の生活の中で体内にため込まないようにすることが大切になります。

 

汗で毒素や老廃物を出して、デトックスするには○○が必要だった!

汗 Sweat 対策 Measures

私たち人の体は「老廃物」や「毒素」を排出する際、必ずどこかを通さないと体外へは排出されません。

「老廃物」や「毒素」を排出する時に使われるのは、主に次の器官です。

 

毒素や老廃物を排出する器官と割合

排便 75%
排尿 20%
毛髪 1%
1%
3%

 

基本的に普通の汗は毒素を排出しませんが、「汗」でしか排出できない毒素があるんです!

「汗」は汗でも、排出される「腺」が違うことで、汗の種類が異なります。

「普通の汗」では排出されない毒素が、違う腺を通った汗だと毒素を排出する働きを持っているのです。

 

 

普通の汗と違う汗をかく「腺」とは?

汗 Sweat 対策 Measures

普通の汗は「汗腺」と呼ばれる、汗を排出する腺から排出されます。

この汗は一般的に「体温を調節するための汗」を排出する器官です。

 

そして、普通とは違う汗を排出するのが「皮脂腺」といわれる器官です。

デトックス効果をもたらす、「毒素」や「老廃物」を含んだ汗をかくために使われる腺です。

体内の毒素や老廃物を排出するためには、皮脂腺からの汗をかくことが必要!

 

皮脂腺からの汗で排出できる毒素の種類

  • 水銀
  • カドミウムなどの重金属
  • ダイオキシン
  • PCB
  • 農薬
  • 食品添加物(特に防腐剤)
  • 医薬品の一部

 

こんなもの、食べてない!

と思っても、思わぬところから体内に入っている可能性もあります。

重金属やダイオキシン、PCBなどが私たちの口に入る最大のルートは「魚」です。

これらの毒素は「発がん物質」とも言われ、体にとってはあまり良いものとは言えません。

 

普段の食生活や、体内に取り込む汚染物質は思っている以上に多いのです。

体に取り込まれた汚染物質の中でも、通常の汗として排出されるのは0.02~0.04%程度と言われています。

どんなに大量に汗をかいても、取り込まれた1日分の汚染物質の1%すら排出が難しいのです。

 

そのため、「皮脂腺」からの皮脂を含む汗をかく確率を高めて、毒素や老廃物をしっかりと排出すること大切。

通常の汗では排出できない毒素を皮脂腺からの出すことで、「体」をデトックスすることにつながります。

 

皮脂腺からの汗をかいて、デトックスする方法!

汗 Sweat 対策 Measures

デトックスしている皮脂腺からの汗には、次のような特徴があります。

デトックス効果を持つ汗をかくために必要なことも、通常の汗とは異なる条件が必要です。

 

皮脂腺からの汗の性質と条件

テクスチャー サラサラ
分泌される部位 皮脂腺
分泌されるために必要なこと 【汗腺から汗を出し尽くすこと】

・エアロビックスを2時間以上

・マラソンを30km以上走行 など

 

デトックス効果のある、毒素や老廃物を含む汗はサラサラしています。

デトックスと言えば「ベタベタ」した汗のイメージがありますが、実は「サラサラ」した汗が正解!

もしベタベタした汗をかいている場合は、通常の汗で「質の悪い汗」をかいている可能性が高いです。(→ベタベタ汗は悪い汗!?悪い汗といい汗の違いとは?)

 

なぜなら!

通常の汗腺から出る汗を使い切った時に、体を冷やすために「皮脂腺」からの汗を排出するのです。

通常の「いい汗」はサラサラしており、体にとって良い汗は「ベタベタ」していません。

ベタベタした汗は、体にとって必要な栄養素などを含んでいることもあり、汗をかいた後に「疲労感」を感じます。

一方、デトックス効果のある「サラサラ」したいい汗をかいた後は、心身ともに健康にすっきりとした状態になるのです。

 

ただし、皮脂腺からのデトックス効果のある汗は、カンタンには出てきてくれないのが難点!

通常の汗を使い切ってから出ないと出てきてくれないので、汗をかくエクササイズを2時間以上、マラソンであれば30km以上走ることで排出が始まります。

ということは、皮脂腺からの汗をかくためには、かなりの運動量が必要になります。

 

え・・・

そんなの無理、ヤダ・・・

と思ったアナタに朗報です!

運動をする以外にも、皮脂腺から汗をかく方法があるので、今回はそちらもご紹介します。

 

 

皮脂腺から汗をかく、運動以外の方法

汗 Sweat 対策 Measures

皮脂腺から汗をかくためには、体の奥深くから温めてあげることが大切です。

体の表面だけでなく、内側からも温めるような働きをすることで、効率よく皮脂腺が開くようになるのです。

 

皮脂腺から汗をかく方法

  • 岩盤浴
  • 遠赤外線サウナ
  • よもぎ蒸し

 

これら3つは通常のサウナなどとは異なり、体をゆっくりと温めながらも「血行」を良くし、代謝を促すようになっています。

そのため、汗を効率よくかける上に、デトックス効果のある汗をかきやすくなるのです。

定期的に「皮脂腺からの汗」をかくように働きかけることで、皮脂腺が開きやすくなり、よりデトックス効果のある汗をかきやすい体質にすることができます。

 

デトックス効果を出すには、皮脂腺からの汗が必要!

汗 Sweat 対策 Measures

通常の汗には「デトックス効果」はありません。

デトックス効果を促すためには、「皮脂腺」からの汗が必要です。

毒素や老廃物などを効率的に排出するためにも、皮脂腺から汗をかく工夫をしましょう。

 

運動やマラソンなど、長時間継続できる運動を続けることも効果的です。

しかし、誰でも今すぐできる方法ではありません。

運動で取り組むことが難しい場合は、まずは「岩盤浴」や「よもぎ蒸し」などで、皮脂腺からの汗をかけるようになるようになりましょう。

 

老廃物を体にため込んでいると、体が毒素に敏感になり「花粉」や「草」のなどにアレルギー反応が出やすくなることがあります。

それが「花粉症」などの原因になることもあるのです。(→花粉症が発症する原因とは?肌にブツブツができることも!?)

デトックスすることはアレルギーを予防したり、むくみ改善、美肌効果などのメリットが期待できます。

 

また、ベタベタする汗をかいている人は、汗のかき方を改善しましょう。

いい汗と悪い汗をかいている人には「体の疲れ方」や「臭い」に大きな違いがあります。(→悪い汗は臭い!?ベタベタ汗は女性でも臭う、4大臭とは!?)

 

皮脂腺も同じですが、汗腺は使わなければどんどん衰えていき、汗をかけなくなってしまいます。

定期的に汗をかけるように汗腺を使ってあげることが「臭い」を予防するためにも大切なのです。(→悪い汗をいい汗に、改善するメリットと方法)