汗の臭いを防げ!【不快臭】を徹底対策する方法、1時間以内が勝負!?

「汗をかいたら、なんだか臭いがキツイ・・」そんな悩みを抱えていませんか?

汗の臭いが強い「不快臭」に徹底的に対抗する対策方法があります。

汗 Sweat 対策 Measures

その秘訣は、汗をかいた後の1時間が勝負です!

その詳しい対策方法と、その他にも臭いを防ぐための対処法をご紹介します。

 

汗の臭いを防げ!【不快臭】対処するのは、1時間以内が勝負!?

汗 Sweat 対策 Measures

私たち人の汗が「臭う」のは、汗をかいた後に放置するからなんです。

実は、汗は基本的に体から排出される際は無臭です。

しかし、その汗が時間とともに皮膚に存在する「皮脂」や「細菌」と混ざることで、汗の臭いを放つようになります。

 

汗が臭くなりやすい2つの条件

  • 汗の成分に細菌のエサになる成分が豊富に含まれている(特に、アポクリン腺からよく汗をかく)
  • 高温多湿になりやすい部位に、たくさん汗をかく

 

汗が排出されてから、臭いを放ち始めるまでが「約1時間」だと言われています。

細菌が繁殖を始めるまでに一定時間が必要だということ!

ただし、この1時間は目安です。

汗が出てくる汗腺によって、細菌が繁殖しやすいかどうかに違いがあるからなんです!

 

1 汗が排出される、汗腺の違い

汗腺には、アポクリン腺とエクリン汗腺の2種類があります。

汗の成分に違いがあり、「細菌のエサ」になりやすい成分を多く含んでいるアポクリン腺の汗は、強い臭いになる傾向があるのです。(→汗腺の違いとは?汗の臭いが強くなる理由)

 

そのため、排出される汗に含まれる「臭いの元」になる成分が少なければ、臭いを抑えることができます。

あるいは、汗を分解する細菌の働きを抑制することができれば「臭いを予防」することができるということ!

 

2 汗をかく部位の違い

また、汗をかく部位によっても違いがあります。

それは「細菌が繁殖しやすい環境」に汗をかいた場合、臭いも強くなりやすいからです。

細菌が繁殖しやすい、高温多湿になりやすい部位は臭いが強くなる傾向があります。

 

体のどの部位が臭いやすいか、イメージをしてみるとわかりやすいです。

例えば「足」「デリケートゾーン」「脇」といった部分が臭いやすい傾向がありますよね。

これらの部分は、衣類や靴によって密閉された空間になりやすいため「高温」であり、汗をやすくなるため「多湿」になるのです。

そんな環境は、雑菌のエサである「皮脂」「汚れ」などが豊富で、一気に繁殖してしまいます。

 

特に臭いが強くなる部分の細菌の繁殖を抑えることで、臭いをより予防しやすくなります。

特に汗をかきやすい部分、その中でも特に高温になりやすい部分の予防を徹底しましょう!

 

汗の臭いを防げ!【不快臭】を徹底対策する方法!

1 汗をこまめに拭く!

汗 Sweat 対策 Measures

汗が臭い始めるのは、細菌が汗の成分によって繁殖してから!

そのため、汗をかいてもこまめに拭くことで臭いを予防することができます。

できるだけ臭いを予防するためにも、汗を拭く際に次のことを意識しましょう!

 

臭いを防ぐ拭き方

  1. ボディシートか、濡れたタオルやハンカチで拭く
  2. 汗をかいて、できるだけ早く拭く(汗をかいて1時間以内)

 

汗が分解される前にふき取ることが重要なポイントです!

細菌が汗を分解して臭いを発するまでに、だいたい1時間と言われています。

汗をかいたらできるだけ早く拭くことが理想ですが、遅くても1時間以内にはふき取りましょう。

 

そして、ふき取る際は、水分を含んでいるもので拭くことが理想的!

乾いたタオルやハンカチでもOKなのですが、それだと臭いの元になる成分が肌に残ってしまいがちです。

 

汗の成分をしっかりと拭き取るには、水分が含んでいるものを使用しましょう。

ボディシートには臭いを予防する成分が含まれているので、臭いを予防するのに最適です。

また、タオルやハンカチでも、水に濡らしてから拭くことで汗の成分をふき取りやすくなります。

 

2 シャワーや洗顔で汗を流す

汗 Sweat 対策 Measures

時間や余裕がある場合は、シャワーや洗顔で汗を直接水で流しましょう。

汗の成分を流すだけで、臭いはかなり予防できます。

 

ただし!!

洗いすぎは臭いを強めてしまう可能性があるので、あくまでも水で洗い流すことが大切です!

石鹸などを使って洗い流したい気持ちはわかりますが、石鹸を使って洗うのは1日1回です。

過度に洗いすぎたり、洗浄力の高いものを何度も使用していると、お肌は乾燥して皮脂分泌が多くなってしまいます。

すると、汗をかいたときに細菌が繁殖しやすくなり、汗の分解が早まって臭いを強める可能性があるのです。

 

通常時の常在細菌には体を守る機能があるため、バランスを崩さないようにすることも大切です。

汗を流すは石鹸を使わずに、軽くお湯で流しましょう。

 

 

3 デオドラントやスプレーを使用する

汗 Sweat 対策 Measures

直接肌に吹きかけたり、塗ったりするタイプのデオドラントを使用することも、臭いを予防することの一つです。

汗をかいた後にも使えるものと、汗をかく前に細菌の繁殖を抑える2つのタイプがあります。

アナタの好みに合わせてデオドラントやスプレーを選んでみましょう。

 

特に、仕事中やお出かけ中にケアができない場合は、事前に予防できるタイプの方が便利ですよね。

しかし、汗をかかなさすぎるのも体にとって良くありません。

そのため、適度にきちんと汗をかきながらも汗の臭いを抑えたい場合は、汗をかいてから臭いをケアするものの方がおススメです。(→デオドラントやスプレーを選ぶポイントと、タイプ別おススメ5選)

 

4 こまめに着替える

汗 Sweat 対策 Measures

汗をかいたときに、最も臭いを感じやすいのは「着用している衣類」といわれています。

私たちの体が汗をかいたときに臭う部分は、足や脇、デリケートゾーンといった「高温多湿」になりやすい部位です。

それはなぜか・・・衣類や靴などで密閉している状態になっているからなんです!

 

ということは、臭いを発している原因は衣類にあるのです。

人の身体で汗は作られますが、その汗はほとんど衣類に吸い取られます。

そして、その衣類の中に細菌のエサが蓄えられるということです。

汗と雑菌をたくさん含んだ衣類は、強い臭いを放つようになります。

 

ということは!

汗をかいた後に着替えをすれば、臭いの元になる成分はほとんどお肌に残っていない状態になります。

下着や着用しているすべての衣類を着替えることで、体臭や汗臭は一定時間激減します。

 

5 衣類の臭いを抑える!

汗 Sweat 対策 Measures

衣類をこまめに着替えることが臭いを予防する、有効的な対策法です。

しかし、1日に何度も着替えをすることは困難に違いですよね。

そこで、衣類に繁殖する菌の働きを抑え、衣類が臭うことを予防しましょう!

 

衣類に菌が繁殖することを予防するには、スプレーで行うことが簡単便利です!

よく聞く名前では「ファブリーズ」などが有名ですが、実は、それ以上にすごい実力を持つ抗菌スプレーがあるんです!

 

オシッコをかけても数秒でニオイが消える消臭スプレーや、ワキガの発生を衣類で防ぐスプレーを次々と生み出している「臭い専門」で製品を生み出している会社があります。

そして、その商品の中でも「汗の臭い」に対して超消臭してくれるスプレーがあります。

それが「急速イオン消臭ヌーラ」です。

 

なんと!

NHK「おはよう日本」や日テレ「スッキリ」など、多くのテレビ番組でも紹介されるほどの実力派!

臭いを出し始めてしまった汗に対してもその効果は働くので、汗をかいてスグに対処できなかった時にも便利です。

汗のケアをちゃんとしているのに「なんだか臭う・・・」と感じている場合は、衣類が臭いの原因になっているのかもしれません。

汗は衣類でも細菌が繁殖して臭いを発するので、衣類とお肌の両方でしっかりと予防をしましょう!

さらに詳しく見る



 

汗の臭いを防げ、汗の質を変えて【ニオイ】を変える!

汗 Sweat 対策 Measures

汗をかいてからの対処で、汗の臭いが大きく変わります。

お肌や衣類を清潔に保つことが、汗を細菌に分解されない対策であり、臭いを予防することにつながります。

 

ただし、すぐに汗の処理をできなかったり、着替えなどができないことが多いですよね。

そういった場合は、衣類の臭いやお肌の状態を整えるよう「臭いを防ぐ」アイテムを使用することも有効です。

 

一方、汗に含まれる成分を改善することも、汗の臭いを予防することにもつながります。

私たちの汗は本来、水と水分でほとんどが構成されています。

しかし、生活スタイルや環境の変化によって、汗にその他の成分が含まれるようになることがあります。

 

汗に水と塩以外の成分が豊富に含まれていると、細菌の繁殖が早まります。

それは汗をかいてから臭いを発するまでの時間が短く、臭いも強くキツイものになりやすいということです!

臭いを予防するためには、できるだけ「いい汗」をかくことが必要になります。

 

同じ汗でも「悪い汗」より「いい汗」をかくことで、臭いを予防することにもなります。

いい汗をかくためには、汗腺を鍛えることが重要!

普段からいい汗をかけるように心がけることで、臭いを予防しましょう。(→悪い汗をいい汗に変える、そのメリットと改善する7つの方法とは?)